2015年10月18日

マイ・ライフ

人生で懐かしい場所の数々、
幾つかは変わっても、幾つかは永遠に、
好転しているとはいえないまでも、
幾つかは無くなったが、まだ幾つかはそのままに。
どの場所にも思い出の時があり、
よみがえるのは、恋人達や友達の姿、
幾人かは亡くなったが、いまだ他の人々は健在に、
僕の人生で、懐かしい愛しい人々です。
インマイ・ライフ
しかし、それらの人々でさえも、
あなたとは較べようもなく、
愛を何か新しいことのように思うとき、
数々の思い出さえ意味を失なう。
過ぎ去ったものたちへの感傷は、
決して忘れることはないだろう、
時に止どまり、感慨に耽っても、
僕の人生で一番あなたを愛しています。

遠く去ってしまったおもいでは、
楽しく、懐かしく甦り、
しばしば、思いに耽ってしまうけれど、
僕の人生で最もあなたを愛しています。
インマイ・ライフ
posted by beatles at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

yesterday

The anxiety of which it doesn't

think is related to the iron chain way now

and it attaches yesterday.

Ah yesterday's conviction might have been said to where.

Suddenly,

I suddenly in me on the day of yesterday

when the black shadow wraps me.


As for the externals [marude] them,

it stays far away and [ruaa]

I believe yesterdayof my worry here now

because I saw it all.

Suddenly

I am approaching the shadow of me

handled by half my man.

Ah [iesutadei;] visits suddenly.

I today am yesterday's long some [iesutadei;]

in me who doesn't say why

when wrong in such a thing of [hani]

of her that goes, and I do not understand.

Love believes such an easy game

the play this place and [arimasuaa]

I believe [iesutadei;]

it is necessary to do non-display.
posted by beatles at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月26日

独りぽっちのビートルズ

独りぽっちのビートルズ

ひとりで聴くビートルズ

今でも聴いていますか、

君の大好きな、

「And I Love Her」?

ポールのガット・ギターで始まる

あまくせつなく歌い上げる

ポールの歌声にうっとりする

ラブ・バラード

ビートルズ時代初期の

ポールの代表作です

今夜はひとりで聴くビートルズ

バーボン・ロックを友に

二人で聴くビートルズ

二人で会う時はいつもビートルズ

今でも聴いていますか、

私の大好きな、

今は亡きジョージの

「While my guitar 〜」

憂いを秘めた美しいメロディ

クラプトンのリードが冴える

すすり鳴くギターの音色が

たまらなく哀愁をかもしだし、

ジョージの歌声に絶妙にマッチング

ビートルズ時代中期の

ジョージの最高傑作

今夜はふたりで聴くビートルズ

バーボン・ソーダを友に

ジョンもジョージも

もういない

もう聴けない

「Something」

「Here comes the sun」

そして

「All need is love」

愛こそはすべてさ!

今夜はひとりで聴くビートルズ

ワイン・グラス片手に
posted by beatles at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月26日

My Sweet Beatles

朝日が眩しい
トゥ・ルルル〜
すがすがしい朝日が
私の目元に〜
サン・サン・サン
降り注ぐ
長く寒い冬の日には
嬉しい優しい日差しが
そうさ
Here comes

私のすべてをみてくれ
すすり泣く私のギター
やわらかな日溜まりの中で
すすり泣く私のギター
輝くステージの中で
スポットを浴びたような
そうさ
While My Guitar

なにか気になる彼女の動き
サムシング
私を魅了する気になるしぐさ
サムシング
なにか気になる彼女の動き
私は彼女を失いたくない
そんなしぐさが私を刺激する
私は彼女を一人にさせたくない
そうさ
Something


★ザ・ビートルズの全て★


posted by beatles at 20:40| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月22日

すすり泣くギター

ギターの音が止まる

彼女が顔を上げて私を見る

夏の白い陽射しに溶けてて私には見えない

私の意識の中に滑らかに入りこんできた

どこかで聴いたミュージック

新鮮なメロディー

風を感じた

頬をやさしく撫でる風

夏へと向かう階段を登る春の日々の中で

記憶を呼び覚ますように吹く涼しくやわらかい風

私はゆっくりと目を開いた

その時メロディーが誰によって宴奏さられていることを悟る
 
ソファで寝てしまった私の向かい側の壁

壁紙の綺麗な白そこに寄りかかった女の人

青いギターを抱えて薄く目を閉じて

ゆっくりと12本の弦を爪弾いている

薄いレースのカーテンによって弱められた夏の陽射しが

薄暗い部屋の中に彼女を白く浮かび上がらせている

ソファに寝ている私と彼女の間の空気を

扇風機が無表情に掻き混ぜていた
 
やわらかな日溜まりの中でギターを弾く彼女の姿は

ステージでスポットを浴びているようにも見えた
 
ギターの音が止まる彼女が顔を上げて私を見る

その表情は夏の白い陽射しに溶けてしまって私には見えない。
 
私には、見えなかった

私のすすり泣くギター
posted by beatles at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

Let it be

私が悩んでいると

マーサ・メリーが現れて

賢い言葉をおっしゃります 

なすがまましておきなさい

そして私が暗闇の時の中にいると

マーサ・メリーは目の前にお立ちになり

賢い言葉をおっしゃる

なすがまましておきなさい

失恋した人々が

この世を知って,異口同音に言うときの

答えが一つある

なすがまましておきなさい

というのも別れてしまうかもしれないが

それでもまた会うチャンスがあるから

答えが一つある

なすがまましておきなさい

曇り空の夜でも

私にあたる一筋の光がある 

輝き続けなさい 明日まで

なすがまましておきなさい

Let it be
posted by beatles at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

バック・イン・ザ……

back in the us!
baak in the us!
「バック・イン・ザ・USSR!」

軽快なロックンロール

アルバムは真っ白なジャケットの中に

「THE BEATLES」

この二文字だけ

「シンプル・イズ・ザ・ベスト」

と言う言葉が、

まさにこのアルバムの為にあるが如く、

実にシンプルなジャケットが印象的です。

人気絶頂期の最高傑作で完成された

素晴らしアルバム作品です。

ロック・グループから

アーティストへと変化する時期だったのか?

と思われます。

始まりは、かっこいい軽快でストレートな

マッカートニーのロックンロールの

back in the us! baak in the us!

「バック・イン・ザ・USSR!」

続いては

ジェット機音を引き継ぎ

開放的な美しいアコースティックなメロディを

レノンが優しく歌い上げた、

「ディア・プルーデンス」

レノン・マッカートニーの偉大な二人の影に隠れた

ハリスンの名曲はロック界にも影響を与えた、

勿論ギターソロはハリスンの親友の、

クラプトンが優しくすすり鳴くギターを披露してくれる、

「ホワイル・マイ・ギター…」

めちゃくちゃカッコいい!!
posted by beatles at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

素敵な私の人生

人生で懐かしい場所の数々、

幾つかは変わっても、幾つかは永遠に、

好転しているとはいえないまでも、

幾つかは無くなったが、まだ幾つかはそのままに。

どの場所にも思い出の時があり、

よみがえるのは、恋人達や友達の姿、

幾人かは亡くなったが、いまだ他の人々は健在に、

僕の人生で、懐かしい愛しい人々です。

インマイ・ライフ

しかし、それらの人々でさえも、

あなたとは較べようもなく、

愛を何か新しいことのように思うとき、

数々の思い出さえ意味を失なう。

過ぎ去ったものたちへの感傷は、

決して忘れることはないだろう、

時に止どまり、感慨に耽っても、

僕の人生で一番あなたを愛しています。

遠く去ってしまったおもいでは、

楽しく、懐かしく甦り、

しばしば、思いに耽ってしまうけれど、

僕の人生で最もあなたを愛しています。

インマイ・ライフ
posted by beatles at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長く曲がりくねった人生

私が悩んでいると

マーサ・メリーがやってきて

賢い言葉ではげまします 

すべてなすがまま

そうさ

Let it be

やわらかな日溜まりの中で

ギターを弾くあなたの姿は

輝くステージの中で

スポットを浴びたような

そうさ

While My Guitar

昨日という日が突然に

黒い影が僕を包み込む

僕が僕では無いように

今の私は昨日の長い

そうさ

Yesterday

私が辿り着いた長い道のりは

あの長く曲がりくねった道のり

ずっと ずっと ずっと 

遥か昔に 

私をひとり残したこの長い道のり

私を連れていってください

きみの扉へと 

きみの元へと

そうさ

Long and Winding

遠く去ってしまったおもいで

楽しく懐かしく甦り

しばしば、思いに耽ってしまうけれど

私の人生で最もあなたを愛す

インマイ・ライフ

あなたを愛す

インマイ・ライフ

In My Life
posted by beatles at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

独りぽっちのビートルズ

今夜はひとりで聴くビートルズ

独りぽっちのビートルズ

ひとりで聴くビートルズ

今でも聴いていますか、

君の大好きな、

「And I Love Her」?

ポールのガット・ギターで始まる

あまくせつなく歌い上げる

ポールの歌声にうっとりする

ラブ・バラード

ビートルズ時代初期の

ポールの代表作です

今夜はひとりで聴くビートルズ

バーボン・ロックを友に

二人で聴くビートルズ

二人で会う時はいつもビートルズ

今でも聴いていますか、

私の大好きな、

今は亡きジョージの

「While my guitar 〜」

憂いを秘めた美しいメロディ

クラプトンのリードが冴える

すすり鳴くギターの音色が

たまらなく哀愁をかもしだし、

ジョージの歌声に絶妙にマッチング

ビートルズ時代中期の

ジョージの最高傑作

今夜はふたりで聴くビートルズ

バーボン・ソーダを友に

ジョンもジョージも

もういない

もう聴けない

「Something」

「Here comes the sun」

そして

「All need is love」

愛こそはすべてさ!

今夜はひとりで聴くビートルズ

ワイン・グラス片手に
posted by beatles at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界一のバンドザ・ビートルズ

髪を肩までのばして
真冬の木枯らしの中

ビルの屋上に上がり

コートの襟を立て

「ゲッ・バック」

「ゲッ・バック」と

ロックンロールして

唄うことが最高さ

と教えてくれたのは

Let it be

ビートルズでした

アゴ髭を長くのばして

木漏れ日浴びる

アビーロードの

横断歩道を

真っ白なスーツ姿の

牧師に連なり

素足で歩きながら

「ヒカム・ザサン」

「ヒカム・ザサン」

とアルペジオで

ハミングすること

それが最高さ

と教えてくれたのは

Abbey Road

ビートルズでした

世界一になるには

ペパー軍曹になって

ステージに立つこと

それが一番さ

軍曹の衣装を身に纏

バックには

偉大な元大統領

グラマーな女優

ロック界の

スーパーグループ

を従えて

ステージで

「It was twenty years ago today」

と唄えば間違いなく

世界一のバンドになると

教えてくれたのは

ビートルズでした
Sgt.pepper's〜band

posted by beatles at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

君へのラブソング

ねえ君  悪く考えるな

悲しい歌も気持ちひとつで明るくなる

彼女を君の心に受け入れることだ

そうすれば すべてはよくなるだろう

ねえ君  こわがるな

行動を起こして彼女を手に入れるんだ

彼女を君の一部として受け入れてごらん

とたんに すべてはよくなるだろう

たとえどんなに苦しくたって

ねえ君 くじけるな

何もかもひとりで背負い込むことはないんだよ

自分の世界を冷やかなものにして

常に冷静さを気取っている奴のなんと愚かなことか

ねえ君  がっかりさせないでくれ

せっかく見つけた彼女を手に入れずにどうする?

彼女を君の心に受け入れることだ

そうすれば すべてはよくなるだろう

心を開いて迎え入れればいい

ねえ君 スタートを切れよ

誰かが助け舟を出すのを待ってるのかい

だめだよ きみでなきゃできないことさ

ねえ ジュード 君次第なんだ

君が自分でなんとかするしかない

ヘイ!ボーイ 悪く考えるな
悲しい歌も気持ちひとつで明るくなる
彼女を君の一部として受け入れることだ
そうすれば すべてはよくなるだろう
posted by beatles at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

I want to hold your hand

G D7 Em B7
Oh, yeah, I'll tell you something, I think you'll understand,
G D7 Em B7
When I say that something I want to hold your hand!
Em B7 C D7 G Em
I want to hold your hand! I want to hold your hand!

G D7 Em B7
Oh, please, say to me, you'll let me be your man,
Em G D7 Em B7
And please, say to me, you'll let me hold your hand.
C D7 G Em C D7 G
Now let me hold your hand, I want to hold your hand!
G7 C Am
And when I touch you I feel happy inside,
Dm7 G7 C D
It's such a feeling that my love I can't hide,
C D C D
I can't hide, I can't hide.

G D7 Em B7
Yeah you, got that something, I think you'll understand.
Em G D7 Em B7
When I feel that someting, I want to hold your hand!
C D G Em C D7 G
I want to hold your hand! I want to hold your hand!
posted by beatles at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

ひとり聴くビートルズ

今宵はひとり聴くビートルズ


ひとりで聴くビートルズ

今も聴いていますか、

君の大好きな、

「And I Love… 」?

ポールのガット・ギターで始まる

あまくせつない歌声にうっとりする

ラブ・バラード

ビートルズ時代初期の

ポールの代表作です

今宵はひとり聴くビートルズ

バーボン・ロックを友にして



二人で会う時はいつもビートルズ

今も聴いていますか、

私の大好きな、
今は亡きジョージの

「While my guitar 〜」

憂いを秘めた美しいメロディ

クラプトンのリードが冴える

すすり鳴くギターの音色が

たまらなく哀愁をかもしだし、

ジョージの歌声に絶妙にマッチング

ビートルズ時代中期の

ジョージの最高傑作

今宵ひとり聴くビートルズ

バーボン・ソーダを友に

ジョンも
ジョージも

もういない

彼等の唄声は
永久にに…


「Something」

「Here comes… 」

そして

「All need is …」


愛こそはすべてさ!

今宵ひとり聴くビートルズ

ワイン・グラス片手に

posted by beatles at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

It remains though it does.

When I am worried

Do showing up of Martha Mary and saying

a wise word though it does ..the remainder...

Do Martha Mary when is in the dark

I and though it stands in the presence and

a wise word is done ..saying.. ..the remainder...

People who are disappointed in love

There is one answer when it knows this world,

and it says unanimously.

Do though it does ..the remainder...

There is one answer because

there is a chance to meet again even

so though it is likely to separate.

Do though it does ..the remainder...

Even at night of cloudy skies

Do though line light that hits me

does until a certain [mei] day ..

keeping the shine.. ..

the remainder...
posted by beatles at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

Let it be

私が悩んでいると
マーサ・メリーが現れて
賢い言葉をおっしゃります 
なすがまましておきなさい

そして私が暗闇の時の中にいると
マーサ・メリーは目の前にお立ちになり
賢い言葉をおっしゃる
なすがまましておきなさい

失恋した人々が
この世を知って,異口同音に言うときの
答えが一つある
なすがまましておきなさい

というのも別れてしまうかもしれないが
それでもまた会うチャンスがあるから
答えが一つある
なすがまましておきなさい

曇り空の夜でも
私にあたる一筋の光がある 
輝き続けなさい 明日まで
なすがまましておきなさい
Let it be
posted by beatles at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

イエスタディ

昨日までは思いもしなかった憂いが
今は鉄鎖ように纏わりつく
ああ、昨日の確信は何処へいったのだろう

突然、僕が僕では無いように
黒い影が僕を包み込む
昨日という日が突然に

イエスタディ
私の悩みのすべてのように見えたので遠くに
見た目まるで彼らは今ここにとどまる
ああ私はイエスタディを信じる

突然に
私は私の半分の男に使われる
私の影に迫りつつある
ああイエスタディが突然訪れる

なぜ彼女はに行って、
私には分からない、
そんなことは言わない
私は何か間違っていたら、
今の私は昨日の長い
イエスタディ
愛は、このような簡単なゲームをプレイ
今場所を非表示にする必要があります
ああ私はイエスタディを信じる
posted by beatles at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

ヘイ!ボーイ

ヘイ!ボーイ 悪く考えるな
悲しい歌も気持ちひとつで明るくなる
彼女を君の心に受け入れることだ
そうすれば すべてはよくなるだろう

ヘイ!ボーイ こわがるな
行動を起こして彼女を手に入れるんだ
彼女を君の一部として受け入れてごらん
とたんに すべてはよくなるだろう

たとえどんなに苦しくたって
ヘイ!ボーイ くじけるな
何もかもひとりで背負い込むことはないんだよ
自分の世界を冷やかなものにして
常に冷静さを気取っている奴のなんと愚かなことか

ヘイ!ボーイ がっかりさせないでくれ
せっかく見つけた彼女を手に入れずにどうする?
彼女を君の心に受け入れることだ
そうすれば すべてはよくなるだろう

心を開いて迎え入れればいい
ヘイ!ボーイ スタートを切れよ
誰かが助け舟を出すのを待ってるのかい
だめだよ きみでなきゃできないことさ
ねえ ジュード 君次第なんだ
君が自分でなんとかするしかない

ヘイ!ボーイ 悪く考えるな
悲しい歌も気持ちひとつで明るくなる
彼女を君の一部として受け入れることだ
そうすれば すべてはよくなるだろう
posted by beatles at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

全てなすがまま

私のすべてをみてくれ
すすり泣く私のギター
やわらかな日溜まりの中で
すすり泣く私のギター
輝くステージの中で
スポットを浴びたような
そうさ
While My Guitar

朝日が眩しい
トゥ・ルルル〜
すがすがしい朝日が
私の目元に〜
サン・サン・サン
降り注ぐ
長く寒い冬の日には
嬉しい優しい日差しが
そうさ
Here comes

失恋した人々が
この世を知って,異口同音に言うときの
答えが一つある
なすがまましておきなさい

なにか気になる彼女の動き
サムシング
私を魅了する気になるしぐさ
サムシング
なにか気になる彼女の動き
私は彼女を失いたくない
そんなしぐさが私を刺激する
私は彼女を一人にさせたくない
そうさ
Something



★ザ・ビートルズの全て★
posted by beatles at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

長く曲がりくねった道

長くまがりくねった道のりを超へ
きみの住むところの扉へとつづく 
それは いつでも決して消えることなく
いつでも 必ずぼくの目の前に現れてくれる
そして必ず私をこの扉へ、と導いてくれる
きみの住むところの扉へと・・・

眠れぬほどの強烈な風雨の夜に
風雨がきれいに全てを洗い流していった 
目に涙をいっぱいふくんだ笑い声は
明るい陽ざしを求めて泣き叫ぶ
どうして あなたは、ぼくをここに立たせておくのだろう
どうか 教えておくれ 私の行く道を

ひとり寂しい時は 何度かありました
ひとり泣いた夜も 幾夜かありました
きみには 私の寂しさは、わかりはしないけど

そうして 私が辿り着いた長い道のりは
それは あの長く曲がりくねった道のりです
ずっと ずっと ずっと 遥か昔に 
きみが 私をひとり残したこの長い道のり

きみの扉へと どうか私を連れていってください
どうか私を きみの扉へと きみの元へと


★ザ・ビートルズの全て★
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。